自宅に監視カメラを設置しよう|製品を選ぶコツを大公開

防犯カメラとの違い

レンズ

性能が向上しています

監視カメラと防犯カメラは同じものと認識している人が多いですが、その役割が異なります。監視カメラは社員や通行人の動きを監視することが目的で、防犯カメラは犯罪を防止することを目的としています。役割の違いから監視カメラと防犯カメラは外観も異なってきます。監視カメラは、ターゲットから目立たないように設置することになるため、非常に小型化されていて隠しカメラのように外から全く見えなくて気づかれることがない場合もあります。一方、防犯カメラは犯罪を抑止するために目立つようになっています。防犯カメラは犯罪の防止のためだけに利用されるものですが、監視カメラは監視するだけでなく犯罪者を特定するのにも使われます。そのため防犯カメラには必ずしも録画機能がないものもあり、場合によってはダミーを設置することで犯罪者が入ってこないようにするものもあります。一方、監視カメラは必ず録画機能があり、犯罪がおきたときには取っておいた動画を警察に提供することによって犯人を特定する動かぬ証拠として使うことが可能です。以前の監視カメラは人がいることが分かる位でなかなか顔まで判別することができませんでした。しかし、最近では性能がよくなったため、顔を判別できるようになり犯人の顔が鮮明にわかるようになりました。暗闇に強い監視カメラもあり、空き巣などの犯人の検挙にも監視カメラの映像から犯人が特定されて、事件が解決するケースが年々増えてきています。