自宅に監視カメラを設置しよう|製品を選ぶコツを大公開

住宅の防犯体制の強化

防犯カメラ

防犯設備の組み合わせ

住宅の防犯設備の中でも最も効果的とされるのが監視カメラです。従来は高級住宅街などにしか設置されていませんでしたが、最近では一般住宅でも監視カメラを設置していることが多くなり、さらに人気が高まっています。監視カメラの効果は大きいですが、その設置だけで防犯体制が完成されるものではありません。監視カメラはあくまで定点における映像を撮影するだけですので、その箇所をすり抜けて侵入を試みる犯罪者は当然います。そのため、様々な防犯設備を組み合わせることが重要です。例えば、犯罪者が近づいた場合にライトが点灯するようにセンサーライトを取り付ける。侵入者が住宅に入った場合に防犯砂利で音がでるようにする。このような防犯設備であれば自分でも取り付けることが可能です。センサーライトや防犯砂利を監視カメラと組み合わせることによって、犯罪者が近寄りにくくすることができるのです。犯罪者は自分の姿に気づかれることを最も警戒しますので、映像に撮られたり、光や音で注目を集めることは避けたいという心理があります。防犯設備の多くは、DIYによって自分で取り付けることが可能です。ホームセンターに行けば様々な防犯設備が販売されています。しかし、素人が防犯設備を取り付けても、一つ一つの防犯設備の連携が不十分になりがちですので、防犯体制を強化する場合には専門家の意見を聞くことが大切です。監視カメラやセンサーライト、防犯砂利を設置するには、それぞれの場所が重要になります。