自宅に監視カメラを設置しよう|製品を選ぶコツを大公開

様々なタイプに対応

鍵

防犯性を高めます

近年、日本における犯罪件数は増加傾向にあります。特に、住宅の空き巣被害などは後を絶たないのが現状です。少し前の鍵の場合には、空き巣を行う犯人にとって開けやすいものがあります。いわゆるピッキング被害は、簡単に、時間をかけずに開けられる鍵が狙われやすい傾向にあります。また、一つの鍵の施錠よりも二つ以上の鍵の場合の方が、時間がかかるため、ピッキング被害を軽減できるといったデータもあります。近年、防犯対策として鍵の交換を考える人が増えてきています。いわゆるディンプルキーと呼ばれるタイプに交換しただけでも、最新のものはピッキングしにくい仕様になっています。また、カードタイプや指紋認証機能を備えたものなどに交換できる場合も多いため、専門業者に相談をしてみるとよいでしょう。現状のドアのタイプなどによって、取り付け可能な鍵のタイプは大きく異なります。また、立地などによって、どのくらい防犯性を高めればよいのかも違いが出てくるでしょう。一戸建ての場合には、交換したいと思い立ったらすぐに、依頼をかけることができますが、マンションやアパートなどの集合住宅の場合には、個人ではすぐにできない場合もあります。賃貸物件の場合には、管理している不動産会社や家主が鍵の交換を行うため、個人ではできない場合がほとんどです。一方、分譲マンションの場合においても、管理組合の許可がないとできない場合もあります。予め規則を確認してから依頼をすることをおすすめします。