自宅に監視カメラを設置しよう|製品を選ぶコツを大公開

鍵

様々なタイプに対応

鍵を交換することによって、防犯性を高めることが可能になります。いわゆる、ピッキング被害を未然に防ぐためにも、最新の鍵に交換することはとても良いことです。住宅の形態によって、すぐに交換できる場合とそうでない場合とがあるため、予め確認しましょう。

家

適切な商品選びを

監視カメラを選ぶときは目的などを考えて選ばなければなりません。防犯効果を狙うのならば、いたずらされにくいけれども存在がわかる位置につける必要があります。屋外用ならば有線なのか無線なのかもポイントとなります。

レンズ

防犯カメラとの違い

監視カメラは従業員や通行人の監視を目的としているため、目立たないように小型化されています。年々性能が向上していて、顔が鮮明にわかるようになり暗闇でも見えるようになったため事件の解決にも利用されるようになりました。

鍵

誰にでも起こること

日々生活をしていると鍵によるトラブルは誰にでも起こるものです。中でも、特に多いのは落としてしまうことです。また、自分の住む場所の近くで空き巣が発生してしまうと不安になってしまいます。このような時は鍵の交換して対策をすることが大切です。
防犯カメラ

住宅の防犯体制の強化

住宅の防犯設備の中で最も人気が高いのが監視カメラですが、センサーライトや防犯砂利などの防犯設備と組み合わせて使用することで、さらに防犯体制は強化されます。その場合、個人で行うこともできますが、専門家の意見を聞くことが大切です。

自分の身は自分で守る

女性

家庭用を選びましょう

最近、技術開発の進歩に伴い自宅に監視カメラを設置する家庭が増えてきました。監視カメラを設置することで、防犯の意識を高めより安全な暮らしを実現することができます。こうした背景から我が家にも監視カメラを設置しようと考えている方が増えています。しかし、どの監視カメラを選べば良いのかわからないと云う悩みを抱えた人も多くます。きちんと目的に合った監視カメラを選ぶためにも、選び方について把握しておきましょう。家庭用の監視カメラを選ぶ上で、まず大切なのはどの位置に設置するかで種類が変わるという点です。玄関先や門の前など屋外へ設置する場合には、雨でも安全な耐水性のある監視カメラを選ぶと良いでしょう。また、夜間でもはっきりと見ることができる暗視機能付きのカメラも選択肢の一つとなります。屋内へ監視カメラを設置する場合、タンスや家電などで死角となる部分が多くなります。広範囲の視野がある監視カメラを選ぶと良いでしょう。24時間監視できる赤外線付きのカメラや夜間撮影にも対応したカメラを選ぶのもおすすめです。家族同士を見守るならインターネットを利用したカメラを選ぶという手もあります。例えば小さなお子様が離れた部屋で1人でいる場合には万が一何かあった場合に備えて監視カメラを設置しておくことも大切です。この他にも知らない人を追跡する機能の持ったカメラやデザインに優れたカメラなどがあります。自分の好みと使用する場所をあらかじめ決めておいたから購入しましょう。